Oh!元気 ねっと
トップページOh! 元気 ねっと 地域づくり!      現地ルポイベント情報 募集コーナー

 NOW!”各地の動き”

  北海道 hokkaido



北海道の情報NOW!

北(ロシア・極東地方)から白鳥(コハクチョウ)戻り始める!(10月12日)

▽浜頓別・クッチャロ湖・・・10月2日に2羽 初飛来!
・飛来数(10月12日の時点)・・・248羽に 飛来数は「コチラ
・お問い合わせ・・・01634‐2‐2534


▽稚内・大沼・・・飛来数24羽(10月5日現在)・・・初飛来は9月29日に7羽 。
・お問い合わせ・・・バードセンター0162‐26‐2965


■層雲峡情報:登山は冬装備で!紅葉谷は紅葉真っ盛り(10月4日)
▽黒岳・・・10月3日にも大雪山系の山に雪、登山は冬装備で!
▽紅葉谷の紅葉・・・色づきます、最高の見栄え!紅葉見学の路上駐車危険!
▽お問い合わせ・・・層雲峡ビジターセンター(上川町)・・・01658-9-4400



霧多布湿原(浜中町)・・・湿原の花終了!湿原に落ちる夕日 最高!(10月12日)
▽湿原の色づいたススキやヨシに落ちる夕日に「感動!」 花のシーズン終わる。
お問い合わせ・・・0153-65-2779(霧多布湿原センター)





  東北 tohoku


■東北の自然・観光情報!(8月20日)


▼秋田県由利本荘市の紅葉の「桑ノ木台湿原」へ 9月から10月にかけシャトルバスの運行へ!
・桑ノ木台湿原・・・
鳥海山を望む風光明媚な湿原で、6月中旬からワタスゲ(白)、レンゲツツジ(橙)などが咲き乱れ、秋は紅葉。
・シャトルバスの運行・・・湿原内のトレッキングを楽しむ人々を輸送するものです。
・運行日・・・9月15日と16日。10月は6日から8日まで運行します。区間は「花立クリーンハイツ」-「桑ノ木湿原」。
▽お問い合わせ(バス)・・・0184-74-3637
▽桑の木台湿原の様子など由利本荘市の観光全般に関するお問い合わせ・・・0184-24-6349


秋田県由利本庄市はごてんまり発祥地!今年も10月に全国コンクール開催!
▽ごてんまり・・・由利本荘市が発祥の地。ブランド名は「本荘ごてんまり」。
▽「全国ごてんまりコンクール」・・・2018年10月20日~22日まで開催。会場は鶴舞会館。
・参加申し込みなどお問い合わせ・・・0184-24-6349まで。

世界最大級の「ごてんまり」見られます!
  由利本荘市の文化交流館のフロントで・・・直径2.16m、重さ440㎏。
・(☎ 0184-24-6376)

  関東 kantou


”花の季節本格化” 群馬県前橋市で5月19日から恒例の「ばら園まつり」開催へ!
▽「ばら園まつり」・・・市の敷島公園ばら園を会場に開催・・・5月19日から6月10日間
・敷島公園ばら園・・・600種7000株が次々に咲くバラの名所。
▽お問い合わせ・・・027-232-2891(ばら園事務所)


▼「ばら園まつり」に合わせて公園近くの民家が「オープンガーデン」!
・公開・・・5月19日・20日の2日間、6軒の民家が自慢の庭をオープン!
▽お問い合わせ・・・027-898-6842(前橋市まちを緑にする会事務局)




北陸新幹線開通に伴い、在来線(新潟県内)を利用した魅力列車運行!
魅力列車・・・えちごトキめき鉄道のリゾート列車「雪月花」。
・リゾート列車「雪月花」・・・赤いボデー2両編成、上越妙高駅ー糸魚川駅間で 1日2便(土・日・祝)運行。
・魅力はすっきりした車内の大きな窓から山並みや沿線の景色を見てもらい、備えたテーブルで食事をしてもらうこと。
・予算は、14,800円。予約について・・・☎ 025‐543‐8988     新潟県の観光に関すること・・・☎025‐283‐1188まで。


埼玉県北本市は「とまとのまち」
・北本市内では・・・トマトカレー、ピザなどトマト一色のグルメが街中のレストランでいつでも堪能。(☎ 048‐544‐5321)

  中部 tyubu

中部地方各地初夏の情報!

長野県王滝村では、すがすがしい空気の中で、自転車レース「ヒルクライム・イン・王滝村」6月18日開催!
▽自転車レース・・・御嶽山を舞台に標高差890mから2100mの坂道の連続コースで行われるもの。
・お問い合わせ・・・(☎ 0468-84-8639)


岐阜県中津川市川上にある道の駅「五木のやかた・かわうえ」に、特産の季節の味「とうのうはちみつ」が入荷しました!
▽はちみつの入荷・・・例年より遅れていたもので、6月7日に入荷し、地元の人や観光客に喜ばれています。
・お問い合わせ・・・(☎ 0573-74-2376)


  近畿 kinki


日本最大の湖「琵琶湖」(滋賀県)を中心に 「大博覧会」開催中!
▼博覧会・・・「日本遺産滋賀 びわ湖 水の文化ぐるっと博」です
▽開催目的・・・日本最大の湖を中心に発達してきた水の文化、数多くの歴史的な建造物、自然、グルメなどを活かし・・・
・・・博覧会という形でPRし、滋賀県民ばかりでなく多くの人々にお越しいただき、楽しんでもらおうというものです。
・期間・・・2018年3月まで。
・主催・・・日本遺産「水の文化」ツーリズム推進協議会(事務局びわこビジターズビューロー・大津市)
・お問い合わせ・・・(☎ 077-511-1530)




そのほかの情報!
■関空から高野山へ行くのが便利に・・・!
▽関西空港と和歌山県の高野山を結ぶ「直行バス」の運行が4月から始まりました!
・直行バス・・・11月30日まで1日1往復を予定。乗り換えなしにより便利に・・・関西空港交通が運行。(☎ 072-461-1374)
・高野山から熊野エリアへのバスも運行されます。


京都縦貫道・・・丹後半島の宮津まで開通!京都から天橋立など行くのに便利!
・丹後半島の先端、経ヶ岬の夕日もたいへん綺麗です!


  中国 cyugoku

岡山県観光連盟が「おか旅」情報!

岡山夏の「おか旅」(岡山県内の旅のスポット」情報を5つのポイントで企画!
①「岡山アジサイスポット」
②「フォトジェニック駅舎」(列車でたずねる写真にぴったりの駅舎を紹介。
③生き物や化石など生物の起源や生態を知るスポットを紹介。(家族一緒に訪ねて学ぶコーナー)
④暑い夏を吹き飛ばす岡山の「清涼」地スポット。
⑤岡山のビュースポット・・・瀬戸内海、山など気持ちがスカッとするスポットを紹介。
・(☎ 086-233-1802)



島根県観光連盟がしまね旅の3つのポイントを企画提供!
①「島根県内の「ホタルのスポット」を紹介
②出雲大社周辺での過ごし方・・・女性おススメ!
・大社への参拝は気分をすっかり変えて厳かな気持ちで「着物」に着替えて参拝してみませんか?・・・を推奨!
・着物で行けるパワースポット「大岩」もあります。
③島根県は「美肌県」であることを体験できます!
・島根県は気候・温泉・グルメ・酒など美肌にやさしい環境のバランスが整っていることを体験できるというもの?!
・(☎ 0852-21-3969)


  四国 shikoku


南国・高知では、「志国高知 幕末維新博」開催中!
▼「志国高知 幕末維新博」・・・大政奉還150年に当たる平成29年、明治維新150年に当たる平成30年になることから・・・
・・・幕末から明治にかけて、坂本龍馬をはじめ高知の若者が日本のくにづくりにかかわりました。こうした高知の風土や文化などを・・・
・・・まるごと知ってもらおうと、2017年3月4日から2年計画で開かれたものです。
▽博覧会・・・地元ばかりでなく、全国で様々な記念イベントなどを開いて、高知の理解を深めてもらいます。
・お問い合わせ・・・(☎ 088-823-9610)




うどん県(香川) おすすめ旅情報!
(主な情報)
▽「カメラに残したい”瀬戸の花景色”」・・・アジサイやバラなどプロカメラマンが撮影した「花ポイント」を紹介!
▽サマーキャンプで自然体験
▽うどん県女子旅に おすすめ!・・・四国霊場の札所巡り、栗林公園、小豆島などアート、自然、静かなたたずまいなど紹介。
・(☎ 087-832-3377)


  九州 kyusyu


◎九州NOW!


(大分県)

大分県日田市は5月下旬から本格的な夏の観光シーズへ!
日田川開き観光祭」・・・水郷の街・日田市に夏の訪れを告げる行事
・まつりの開催・・・5月26日~27日。
・注目・・・恒例の1万発の花火打ち上げ、筑後川の鮎漁解禁、鵜飼のシーズンも始まる!

7月21日・22日には「日田祇園祭」開催!
・7月19日には・・・「日田祇園山鉾の集団顔見世」も

7月14日からJR久大本線が全線で開通・・・「或る列車」&「ななつ星in九州」も特別運行!
・久大本線・・・平成29年7月の集中豪雨で「光岡駅ー日田駅間」が不通に・・・復旧作業進み7月14日全面開通に・・・
・「或る列車」・・・7月22日運行
・「ななつ星in九州」・・・7月28日―29日に久大線を利用して運行。
▽日田市観光について・・・お問い合わせ・・・(☎ 0973-22-2036)



(熊本県)

■熊本市のシンボル熊本城の復旧進む・・真新しい大天守がお目見え!市民感動!(5月22日)
熊本地震で熊本城が大きな被害を受けて1年、天守閣の再建工事が本格化していました!
天守閣を覆う工事用足場の一部が取り外され、1年ぶりに漆喰の白い大天守がお目見えし・・・市民の感動を呼びました!
・(☎ 096-333-2027)



(福岡県)

筑後市観光協会が地元のPRに「健康になる・子宝に恵まれる」といわれる持ち歩きできる「ミニ鳥居」を作りました!
・「ミニ鳥居」・・・市内の粟島神社にもうけられているもので、この鳥居をくぐるとご利益があるといわれ、観光名所になっています・・・
・観光協会・・・観光イベントのさい、移動して使用できるようにと・・・本物と同じサイズの「ミニ鳥居」のレプリカを製作。
・「ミニ鳥居」・・・このほど神社で、御霊入りの神事も行われ、早速イベント会場に持ち込んで使用を始めたそうです。
・(☎ 0942-53-4229)



(佐賀県)

■佐賀県観光連盟が「さがで楽しく過ごしてもらおう」と特集を組んでPRしています!

(主なもの)
①ご当地弁当・・・鳥栖駅の駅弁「かしわめし」(大正2年~)など各駅の駅弁や著名なお弁当を紹介。
②陶器情報・・・有田町・唐津市など佐賀の焼き物情報。
③「花ごよみ」・・・花の名所情報。
④「ほっこり和みのたび」・・・佐賀の古き良き時代を活かし、時を経るごとに代わってきたさまを感じてもらうコーナーを紹介。
・佐賀の酒づくり文化を知り、旧家を中心とする歴史的な街並みを歩き、各種工房での体験もできることを紹介しています。
・(☎ 0952-26-6754)



Copyright © 2018 Oh! 元気 ねっと All Rights Reserved